農業ドローン「飛助」の充電器の使い方

農業ドローン飛助シリーズの基本セットには、
専用のバッテリー充電器がついてきます。

農業ドローンのバッテリーは、
LiPo(リポ)バッテリーを使うのですが、
扱いに少しクセがあります。

そこで今回は、飛助の充電器の使い方をご紹介します。

なお、取説にも詳しい記載がありますので、合わせてご参照ください。
延線工事ドローンの「延助」シリーズも使い方は同様です。

1、飛助用充電器の電源を入れる

飛助の充電器の電源プラグは、アース付の3本プラグです。
 
ホームセンターなどで変換コネクターをご用意ください

充電器の本体裏側に、赤い主電源スイッチがついています。
 
このスイッチをパチっと入れてください。

2、飛助用充電器に、バッテリーをつなぐ

バッテリーからは、黄色と白色、2種類のコネクターが出ています。

・黄色:メイン電源用(赤と黒の太いコード線)
・白色:セル電圧の確認・調整用(複数の細いコード線)

左右のバッテリーとも、コネクタの色を合わせて、充電器に接続します。

 
 
白いコネクタは、「切り欠き」が上面になるよう接続します。

 
 
本文作成時、飛助3の充電器仕様では、正しく接続すると、 
マイナスの端子(黒いコード)が、すべて右側になります。

※飛助DXのマイナス端子は、飛助3のマイナス端子のコード色と異なるのでご注意ください。
 

 
★ご注意★
2つのバッテリーのコネクタを、交差して接続しないでください。
最悪の場合、発火・爆発し、大変危険です。

3、飛助用充電器を「バランスモード」で充電する

LiPoバッテリーは、複数のバッテリーセルが接続されて、
1つのバッテリーになっています。

これら各セルの電圧を合わせて充電したほうが、
性能を引き出すことができ、バッテリーも長持ちします。

そのための方法が「バランス充電(Balance Charge)」です。

電源投入後の充電器の表示を確認すると、
初期状態では「LiPo Fast Charge」になっています。

これを「LiPo Balance Chg」に変更していきます。

まず、Startボタンを1回押してください。

すると、「Fast Charge」の部分が点滅します。

次に、上カーソルボタン【↑】を押すと、充電モードが変更できます。
表示が、「Balance Chg」になるまで押してください。

最後に、Startボタンを長押し(2秒くらい)します。

” ぴ~ろ~り~♪ ”

というメロディが流れて、充電が開始されます。

コネクタが抜けていたりすると、

エラー表示が出て止まります。

4、充電の進行状態を確認する

充電中に、上ボタン【↑】や、下ボタン【↓】を押すと、
バッテリーの状態や、充電状況を見ることができます。

バッテリーが満タンになると、自動で充電停止します。

5、飛助充電器を(途中で)停止する

もし、途中で充電を停止したい場合は、
Stopボタンを押せば、途中で停止できます。
]

Stopボタンを押した後は、
充電開始前の状態に戻ります。

リチウムポリマーバッテリーを充電するときは
出来る限り、バランス充電モードをお使いください。

また、長期保管時は満タン充電にすると寿命が短くなるので
40%~60%くらいの電圧になるようにしてください。